大宮盆栽デイズ - Omiya Bonsai Days -

パイロットになれなかった人の「それから」。

農薬

糸魚川真柏の挿し木をして半年後 → 残念、いまだ発根せず

糸魚川真柏を今年6月に挿し木しました。それから、だいたい半年が経ちました。苗を何本か鉢から抜いて、発根(はっこん)の具合いをチェックしてみました。残念ながら、発根はありませんでした。 葉は緑色だけれど発根はみられず 真柏の葉は、いまも緑色をし…

病害虫の防除@盆栽を育てるうえで大事なこと #4

病害虫の防除のため、殺菌剤・殺虫剤20〜30日に一回散布します。殺菌剤、殺虫剤にはいくつかの種類があります。それらを組み合わせて、いくつかのパターンを作ります。ワンパターンの薬剤だと耐性を持った菌や害虫が発生してしまいます。 殺菌剤、殺虫剤と展…

ハダニ退治の農薬はローテーションが大事

農薬によるハダニ退治がほぼ完了しました。今のところ、ハダニは見られず枯れていった葉っぱは散り、新しい葉がすこしずつ吹き出ています。せっかくハダニ退治のための農薬があるのでまとめておこうと思います。一言でまとめると、「複数の農薬をローテーシ…

キング95マシン(マシン油乳剤)を購入

カイガラムシを退治するために、「マシン油乳剤」を購入。カイガラムシ・ハダニを駆除する殺虫剤です。成分は「マシン油:95%, 乳化剤等:5.0%」とある。ほとんどが油ということになるのかな?すると、いわゆる化学系の薬剤ではないということになるのだろう…

「ダニ太郎」と「サンヨール」について

注文していた、殺虫剤「ダニ太郎」と殺虫殺菌剤「サンヨール」が家に届いた。これらは、バラ(ピエール・ド・ロンサール)のハダニ退治のために購入した農薬だ。 殺虫剤「ダニ太郎」 ハダニ退治で一番有名な農薬のようだ。ネーミングもかわいらしい(「ゆで…

噴霧器でハダニ退治(ダニダウン水和剤)

Amazonでかなり手頃な価格の噴霧器(ふんむき)を購入。ダニダウン水和剤(ミルベメクチン水和剤)と展着剤のダインを混ぜ合わせて、ハダニで瀕死のバラ(ピエール・ド・ロンサール)に噴霧した。 噴霧器はAmazonで¥550前後の価格。1リットルの容量。値段が…

ダニダウン水和剤を選びました

バラのハダニ退治について、前回は「ダニ太郎」を購入すると記述したが、その後考えた結果、ダニ太郎ではなく、「ダニダウン水和剤」を選ぶことにした。理由としては、ダニ太郎もダニダウン水和剤も一年に一回か二回しか使えないということから、パッケージ…

薬剤でバラのハダニ退治

殺虫殺菌剤「ハッパ乳剤」と展着剤「ダイン」が届いた。さっそくバラ(ピエール・ド・ロンサール)に散布した。とりあえず、やっておいたがハッパ乳剤はどのくらいの頻度で使ったらよいのだろうか。ハッパ乳剤の製造元のハイポネックスのホームページを見る…

ハダニか?糸状のモノが発生

残念なことに、3つあるバラ(ピエール・ド・ロンサール)のうち、一つがほとんど枯れ始めている。葉の色は茶色になって、完全に生気がなくなっている。よく観察してみると、葉と葉の間に糸状の巣のようなモノが発生している。ネットで調べると、これはどうも…