大宮盆栽デイズ - Omiya Bonsai Days -

パイロットになれなかった人の「それから」。

「主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版―糖質制限食のすすめ」の前半を読んで

f:id:n_pilot:20180604125054j:plain
「主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版―糖質制限食のすすめ」(江部 康二)の前半部分までを読みました。「血糖値を上げる栄養素は糖質であるので、糖質を取らなければ血糖値は上がらないー」、といったようなわかりやすいメカニズムが紹介されていました。書き方がカタイですが、説明がシンプルなのでどちらかというと読みやすいように思えました。

糖質制限で頭はボンヤリしないだろうか?

血糖値の上昇による血管へのダメージを考えれば、確かに糖質を制限する食べ方は理にかなっている。ただ、糖質を取らないと頭がボンヤリするんじゃないか?(受験生がブドウ糖を食べるイメージから)というような疑問も持ちました。また、3大栄養素とまで言われる「脂質」「炭水化物」「タンパク質」のうちの、「炭水化物」を極限まで制限するという方法は本当に大丈夫なのだろうか。

でも糖質制限食やってみよう!まずは実践

まだこの本を半分しか読んでいないので、引き続き読みます。気持ちとしては、どちらかというと糖質制限食に対して「賛同」です。疑問もいくつかありますが、これまでの食生活の「やり方」が影響して糖尿病になってしまったところもあります。それなので、変えられる点については変えてみる。その結果、どうなるか。これまでも実は炭水化物を減らす食生活にしていましたが、次回主治医に相談して、さらに炭水化物を減らしたメニューにしようと考えています(いきなり糖質制限をやると、低血糖が起きる可能性が高いようです)。