大宮盆栽デイズ - Omiya Bonsai Days -

パイロットになれなかった人の「それから」。

「主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版―糖質制限食のすすめ」の後半を読んで

f:id:n_pilot:20180604125054j:plain
「主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版―糖質制限食のすすめ」(江部 康二)の後半も読み終えました。この本から新しい発見があり、また強い説得力を感じてグイグイ引き寄せられて読み進めました。購入したいとも思いましたが「ポイント」を理解していればその必要は無いかもしれません。

「血糖値を上げるのは糖質」がポイント!

後半部分は、前半部分の補強というような印象でした。著者の言いたいことは前半部分に書いてあり、言ってしまえば「血糖値を上げるのは糖質のみだ」というようなことでした。そういうことを補説するようなことが後半は主でした。そういう内容も理路整然と書かれていて、理解・納得しながら読み進められるのであっという間に時間が過ぎてしまいました。「この本を買ってもいいかな」と思うほどでもありました(今回は「Kindle Unlimited」で読みました)。

糖質制限では牛乳を「避けたほうが良い」

発見としては、牛乳は糖質の仲間の乳糖が含まれているので、「避けたほうが良い食品」に指定されていることでした。この頃、牛乳を「飲むヨーグルト」に加工して飲んでいたので、「牛乳(飲むヨーグルト)はやめるべきか?」と考え込みました。私の結論としては、「飲むヨーグルトは一日500ml程度を限度」ということにしました。糖質(乳糖)のことを考えると、本来は飲むのをやめたほうがよいです。ですが、乳酸菌のパワーに期待をしていることと、買ってしまったヨーグルトメーカーを活用したいという思いから飲用を続けることにしました。