大宮盆栽デイズ - Omiya Bonsai Days -

パイロットになれなかった人。

盆栽とメネデール / リキダス問題

f:id:n_pilot:20190317180934j:plain
植え替えのシーズン。盆栽に活力剤を与えたい時期。活力剤と言えば、「メネデール」と「リキダス」が有名です。わたしが今回、選んで購入したのはメネデールです。

植え替え後の発根が気がかり

春は植え替えのシーズン。植え替えのあとは、しばらくは肥料を与えず、水のみを与えます。「はやく発根(はっこん)してほしい」、そんな気持ちが強くなってきます。

施肥はせず、水やりで見守る

肥料を与えてしまうと、植え替えで弱ってしまった根っこにダメージをも与えてしまうようです(このメカニズムはよくわかりませんが)。それなので、施肥はせず、水やりのみをするのです。

選んだ活力剤はメネデール

肥料ではなく、「活力剤」と言われるものがあります。植え替え直後でも使えます。有名なのが「メネデール」と「リキダス」です。今回、わたしはどちらを選ぶか悩みましたが、メネデールを選びました。

正直、選んだ理由は特になし

選んだ理由は、なにか「信頼できる商品」「クラシックなパッケージデザインが好み」という点においてメネデールの方が魅力が大きかったからです。特に理由はありません。価格で考えると、リキダスの方が容量に対して価格が安いです。

価格が安いリキダスの方が◎

そもそも、活力剤というのは必要なのか?ということもあります。使う、使わない、どちらでも良さそうです。もはや、メネデールもリキダスも、どっちでもいいような気もしてきます。どちらの商品も「効き目」について、不明なところがあります。そう考えると、もし使ってみるとすれば、価格が明らかに安いリキダスの方に軍配が上がるように思います。